「給与所得者の保険料控除申告書」記入方法insurance

令和3年 保険料控除証明書 再発行お手続のご案内

サラリーマンの年末調整に必要な「給与所得者の保険料控除申告書」の、生命保険料控除欄の記入方法についてご説明します。

生命保険料控除の記入欄

1.控除証明書ハガキで契約内容を確認

保険会社から届いた「生命保険料控除証明書」ハガキにて、ご契約の生命保険が以下の5つのどれに該当するのかご確認ください。
  1. 一般の生命保険料 (旧区分)
  2. 一般の生命保険料 (新区分)
  3. 介護医療保険料  ※介護医療は新区分のみ
  4. 個人年金保険料 (旧区分)
  5. 個人年金保険料 (新区分)

<参考>東京海上日動あんしん生命のハガキの場合 東京海上日動あんしん生命からのハガキ見本

2.生命保険料控除証明書から転記

保険会社名・保険種類・保険期間または年金支払期間・契約者氏名・受取人氏名・続柄・新旧の区分を記入します。

◆契約者と受取人が同一の場合、続柄には「本人」と記入してください。
◆下記の契約2のように、一般と介護医療の両方に該当する契約は、申告書の両方に記入してください。

生命保険料控除証明書から転記の方法

3.本年中に支払った保険料の金額を記入

本年中に支払った保険料(=ご申告額)を記入します。

◆月払いの契約で「証明額欄」と「ご申告額欄」に異なる金額が記載されている場合は
  「ご申告額」の金額を転記してください。

本年中に支払った保険料の金額の記入方法

4.区分ごとの控除額を計算

申告書の下部に表記されている保険料控除計算式にあてはめて計算します。

 【STEP1】 新保険料の合計=30000円
計算式Tの「20001円から40000円まで」に該当
30000円×1/2+10000円=25000円  → (1)に25000円と記入します。

旧保険料の合計=80000円
計算式Uの「50001円から100000円まで」に該当
80000円×1/4+25000円=45000円 → (2)に45000円と記入します。
 【STEP2】 の合計25000円+の合計45000円=70000円ですが
「最高40000円」との記載にもとづき、(3)に40000円と記入します。
 【STEP3】 AとBのいずれか大きい金額を記入します。
この場合はA=40000円、B=45000円なので、(イ)に45000円と記入します。
 【STEP4】  介護医療保険の合計=10000円
計算式Tの「20000円以下」に該当 → (ロ)に10000円と記入します。

区分ごとの控除額の計算方法

5.合計控除額を計算


(イ)+(ロ)+(ハ)を計算した合計金額を「生命保険料控除欄」に記入します。
合計が12万円をこえる場合は12万円と記入してください。

合計控除額の計算方法
24時間365日受付 東京海上日動事故受付ダイヤル「0120-119-110」

本社事務所

office info.会社情報

ホームズ株式会社

〒510-0834
三重県四日市市ときわ2-12-23
日本ケアシステムビル4階
TEL:059-340-0511
FAX:059-340-0141

【引受保険会社】
・東京海上日動火災
・東京海上日動あんしん生命
・三重県中小企業共済協同組合